モリパークアウトドアヴイレッジ

株式会社CPO設計 マンション担当ぞうさん昭島駅そばに誕生した、アウトドア系のショッピングモールです。

「A&F COUNTORY」
「コールマン」
「Caravan」
「Jack Wolfskin」
「SWANS」
「Walking Forever」
「SALOMON」
「CONTOUR」
「Mountain Hardware」
「mont-bell」
「クライミングウォール」
「PLAY」
「THE NORTH FACE」
「snow peak」

など、そうそうたるメーカーさんが入居してます。
品数も豊富で、好みのサイズと色・柄が選べます。

敷地はゆったりと取れていて、芝生もあってお子様連れでものんびりと見れます。
また巨大なクライング・ウォールがあって、びっくらでした。

私の時代でしたら、サロモンはスキーメーカーで有名でしたがトレッキング用品も力を入れているのですね。

私をスキーに連れて行っての映画が懐かしいです。
原田知世がまぶしかった?(笑)
今もブレンディのCMに出ていますね。

スキーも最近少し持ち直してきているそうですが、サロモンの板と靴、また欲しくなりました。

by ぞうさん

テナントミックス

テナントミックス

テナントミックス

テナントミックス

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

大船の新築案件

こんにちは、久しぶりのコタロです。
今回は大船の新築案件についてお話しましょう。

大船は広域の土地の名前で大船市は無く鎌倉市の一部です。

その割には駅の乗降客は約10万人で、繁華街としては藤沢市についで商業の大変盛んな街です。

この街の歴史は古くて、近代では東京または横浜の企業の工場が数多くありました。
昭和に入り、それまでの競馬場跡に松竹の映画撮影所ができたことから、芸能人が出入りし、大いに賑わう街になりました。

次第に人口も増え、モノレールも開通したために現在の繁華街ができました。
しかし、駅周辺は区画整理することもなく、下町情緒と交通の利便性が交じり合って現在の何となく猥雑な、しかし情緒的な独特な街となり、その雰囲気が大船の魅力となっています。

さて今回はその大船の商店街から一本は行ったところの物件です。
現在は大船名店街ビルですが、残念ながら今は古くなって迷店街ビルのようで、これから新しいテナントで構成し立替をする計画です。

4F建て1階にコンビニ2階に美容室とスポーツジム、3階に歯医者と学習塾などが考えられます。
これからが楽しみです。

コタロでした。
大船_テナントミックスレポート 大船_テナントミックスレポート 大船_テナントミックスレポート

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

比較的新しい施設

株式会社CPO設計 クリニック担当アスランさん2016年オープンの施設にやっと行ってきました。
事務所のある新宿ではNEWoManが高層のオフィスビルとバスタ新宿、JR新宿駅新南口と直結した施設として昨年オープンしましたが、先日中国からの知人を見送るために初めて行ってきました。

あちこちから、いろいろなバス会社のバスが出入りしていました。
商業施設というより、バスターミナルとしての印象の方が強い印象でした。

そこで売られている商品は比較的高価なモノが多く、比較して長距離バスの料金は新幹線などと比較して、驚くほど安いものもありました。
時間はかかるのかもしれませんが、大阪まで4千円ぐらいの料金で行くことができるようです。
テナントとバスタ新宿の利用客がちぐはぐな感じを受けました。

そして開業から1年を経過した銀座の数寄屋橋交差点にあった近鉄の後にできた東急プラザ銀座です。

斬新な意匠と新しいコンセプトのテナント、初めての実店舗などがテナントミックスされています。
雑貨系のテナントも充実していて、多くのお客さんが入っていました。

その反面、上層階の免税店は閑古鳥が鳴いていました。
そう言えば、ちょっと前は海外旅行に行くと免税店に寄っていたように思います。

おもにお土産を買うために免税店に行ったと記憶しています。
この5年ぐらいわざわざ免税店に行くことはなくなりました。

日本に来る外国人旅行客も同じなのだと思います。
免税店のブランドものより、街中で売っているいろいろなモノに新鮮な価値を感じるのかもしれません。

そして同じく昨年7月にオープンした通称「赤プリ」の名でバブル期には一世を風靡した赤坂プリンスホテルの跡にできた東京ガーデンテラス紀尾井町です。
ここは商業施設というより、複合市街地と称していて、ホテルや賃貸マンション、オフィスもあります。

たまたま近くを通って寄ったのですが、オープンしたことも赤プリがいつの間にか消えたことも気づかずにいたのです。
私の感度が悪くなったのか、周りで話題にならなかったのかはわかりませんが、まったく意識になかったというのが真実です。

テナントはカフェが比較的多くあって、ほかで良くみる飲食店もあまりありません。
ドラッグストアとスーパーマーケットもあり、住居がある施設だと再認識しました。

西麻布にあった美味しいスイーツのプレシューズが入っていたのを見つけて、ちょっと嬉しくなりました。

by アスラン

新宿_テナントミックスレポート

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

真鶴町の中川一政美術館

株式会社CPO設計 マンション担当ぞうさん温泉地で有名な湯河原の手前に、風光明媚な真鶴半島があります。
魚料理がおいしい店が並んでいて、漁港のあたりはいつも観光客でにぎわってます。

半島の突端あたりはマングローブのような原生林が多く、林の中は太古のような雰囲
気があります。
その原生林のはずれに中川一政美術館が静かにたっております。

絵心が全くない私ですが、たまに美術館をのぞくことがあります。
この美術館の絵の有名な絵画に箱根駒ケ岳の絵が何枚かございます。

これは見る価値があるなぁと、小生は思いました。近くにはレストランと中川さんのアトリエがありました。
そこに書いてあった小文がおもしろいのでスマホで取りました。
バス停は海の近くでさびちゃいますね。

この文章見て、90までは無理でも80くらいいけるかなぁとふと考えましたが(笑)。

これからの初夏の季節、美術館の絵を見て、海を見て、帰りに温泉に入ってリフレッシュも良いかなともくろんでおります。

by ぞうさん

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

快眠の宿、レムシリーズ!

株式会社CPO設計 店舗担当ぺんぎんさん 阪急阪神第一ホテルグループが創り出したホテル、レムシリーズはご存知ですか?
今年3月30日に、ホテルアイビス跡地にオープンしたレム六本木で、日比谷、秋葉原、新大阪、鹿児島に継いで全国5軒目です。

今、日本で流行っているホテルといえば、「宿泊特化」したホテルです。
多くの人が思い浮かべるホテルといえば、和洋中のレストランを持ち、結婚式場や宴会場を持つシティホテルでしょう。
それよりもはるかに儲かっているホテル業態が「宿泊特化ホテル」です。

特にレムシリーズは、「快眠特化」したホテルです。
快適な睡眠と言えば、素人は単純なベットなどの快適さを思い浮かべます。

充実した睡眠にたどり着くには色々なアプローチがあるそうです。
レム六本木には、心地よい睡眠に導くための仕掛けが随所にあります。

例えば、全室のバスは全てタブ付きにして、眠りに入る前のお風呂の満足感を演出し、全室にマッサージチェアを導入したり、花粉をはじめとするアレルギー物質や、空気中のさまざまな汚染物質に徹底的な抑制効果がある「ナノイー」の全室導入など、客室全般の快眠オペレーションリファインを図ったそうです。

枕元の風景画も仕掛けの一つです。
「レムを探せ!」というテーマです。
ここから先は秘密。ぜひ泊まってチャレンジしてください。

さらに、起きた後の朝食の充実感も気を配ったようで、CEDAR THE CHOP HOUSE & BARでは、100種類の野菜バー、スムージーの充実。
何よりもパンは、水と空気の綺麗な「群馬県桐生市」で作られる天然酵母パンや米は「コシヒカリ」と「黄金晴」を掛け合わせた、お米本来の「栄養素」と「美味しさ」を併せ持つ健康金賞米「ひのひかり」を売り物にしています。
「快適な睡眠は、朝起きた時の朝食の充実から」というわけです。

東京に住まう人々には、東京のホテルに泊まるチャンスは、そう多いとは思えないですが、そういうホテルライフもなかなかいいですよ。

今回のレムは違いますが、弊社でもホテルのテナントミックスもやっております。
早く実現したいと思ってます。

by ぺんぎん

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

夏祭り

株式会社CPO設計 クリニック担当アスランさんいきなり夏になりました。
上着を着るビジネスマンには厳しい季節です。

先日、福岡に行きました。
当社の事務所もある天神近辺は「博多どんたく」で大賑わいでした。

福岡を訪れたのは、知人のイタリアンのシェフが福岡にお店を出したので、お祝いがてら食事に行くことにしたのです。
地下鉄空港線で天神から6つ目の室見という住宅地にそのお店はありました。駅からも徒歩5分と賑やかではない場所のマンション1階部分にそのピッツェリアはありました。

電気はついていたのですが、ドアの前にはCLOSEDの看板が!
予約をしていたので、店内に入るとシェフが出てきて、予約で満席のため今夜はフリーのお客さんはご遠慮願う事にしたとの事で、繁盛の様子に一安心しました。
食材にとても気を使ったオーガニック系のピッツェリアはわざわざ立地のレストランです。

今年は仕事でも商業施設「博多KITTE」内のテナントで歯科医院の内装を受注し、開業されています。

先週末は浅草三社祭でした。
神仏分離によって浅草寺から分かれた三社様(浅草神社)の例大祭です。

地元の知人も年間で一番重要なイベントと位置付けています。
その知人がお祭り前に床屋にいき、居眠りしていて気が付いたら戦闘的な坊主頭にされていたと言っていました。
少し嬉しそうに思いました。

街中がお祭りモードです。
いまや東京観光のスーパースポットだと思います。

常に海外の旅行客がたくさんいて、街にも宿泊施設が増えて外国人観光客に人気のお店もたくさんあります。

商業施設も新しいニーズに合わせて変化して新しいテナントミックスが出来上がる中、子供のころからの飲食店も健在の浅草は面白い街です。

by アスラン

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

川越丸ヒロ百貨店

今回は私コタロのブログです。

今回は川越の丸ヒロ百貨店です。
この百貨店は創業1939年(昭和14年)で埼玉県飯能市が発祥で、そこが第一号店です。

今回訪問した川越の丸ヒロ百貨店は、その後、昭和30年代に入って川越駅からは離れていた百貨店を、時の社長の大久保社長がこれから来るモータリーゼーションの波に乗り、まわりに駐車場を整備してから丸ヒロ百貨店として開業したものです。
それは見事に当たり、その後のJR川越駅と西武新宿の川越駅を結ぶ大商店街を形成することになり、大いに栄えたとのことです。

さすがに90年代になり、反映はかげりが出てきたようですが、当時の将来の読みが見
事に当たり、テナントミックスやテナントリーシングよりは駐車場併設型の地方百貨
店は一時代を象徴するものではありました。

最近では人口約35万人の川越市ですが、周りにテナントミックス型の商業施設が多くできたために若者たちが離れて行き、今では上流の固定客で成り立っている感じがし
ます。

ここの地下食品売り場に、食品ショップ、できればスウィーツをというテナントリーシングのオファーがあり、何社か心当たりがあるのでご案内しようと思います。

それにしてもこの50~60年間、駐車場併設型の百貨店のビジネスモデルがいかに強かったことか。
今は、時代にあわせて新しいテナントを希望されていますが、それまでは大丈夫だったのです。

私たちがお手伝いするテナントミックスやテナントリーシングがどこまで役立つかはまだまだ未知数ですが、挑戦してみようと思います。

今回はコタロでした。

川越_テナントミックスレポート 川越_テナントミックスレポート 川越_テナントミックスレポート 川越_テナントミックスレポート 川越_テナントミックスレポート

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

秩父めぐり

株式会社CPO設計 マンション担当ぞうさん長瀞の川下り、秩父の夜祭、秩父34か所巡礼など昔は地味な観光地の秩父でしたが、最近は蕎麦屋の有名店、かき氷の有名店、草鞋カツ丼の有名店など行列のできるお店が増えて、観光客が休日は増加しております。

今の時期ですと、羊山公園の芝桜でしょうか、テレビで咲き始めたことが紹介される
と渋滞必至でも訪れる人が多いようです。

この秩父へ入っていく路線は、西武鉄道と秩父鉄道ですが、秩父鉄道はまだICカー
ドが導入されてません。
そのため乗換駅で切符を購入しないと、下車駅で清算待ちで大変混雑します。

また西武線はハイキングコースが多いため、登山客も多い路線です。
観光客と登山客が入り混じって、休日の特急レッドアローは服装がまちまちで混雑してます。

秩父の町は歴史があって、白の衣装のお遍路さんが行きかう町です。
わたしも2回めぐりました。
1回歩いてまわるには約5日間くらいかかります。

夏は避けて、秋か春に回るのがおすすめです。各寺で御朱印をもらう旅も良いと思います。

秩父事件というのが昔あったそうです。映画にもなりました、『草の乱』だったかな。
緒方直人が出ていたような記憶があります。

そんな歴史のある町秩父へ歩きで正丸峠を越えて訪ねたいと思います。
これからはかき氷と蕎麦を食べに行くのが楽しみです。

ぞうさん記

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

GINZA SIX(ギンザ シックス)

4月26日水曜日午後、今うわさのGINZA SIX(ギンザ シックス)にようやく行きました。
20日木曜日のオープンから約一週間がたち、オープン当初の人ごみも少しは落ち着いたころと思い、同僚とともに行きました。

さすがにここは銀座。
それなりの感じの人たちが大いに集い、カップルなり、女性同士なり、何となく業界の関係者なのではという雰囲気の人たちも多く見受けられました。

地下は見落としましたが1階から6階までが商業の集積で、その上は森ビル管理のオフィスとなり、13階と屋上がレストランと公園になっています。

J.フロント リテイリンググループは、松坂屋別館や上野松坂屋別館もまさにオフィスを組み合わせた商業棟をリーシングして、ある意味、資本からの大型テナントミックス形態といえると思います。

このGINZA SIXリテールマネジメント株式会社はJ.フロント リテイリンググループの一社ではなく、まさに大型の資本からのテナントミックスといえます。
この形態は他の百貨店には見られない形で、これこそがまさに脱百貨店であり、表面的なテナントリーシングや、場所貸し的な意味での脱百貨店ではないかと思いました。

一般的な情報からの脱百貨店はもともと所有していた土地と建物で自分の商売として商品を仕入れ販売していたものを、不動産事業としてテナントからの家賃収入として成り立つようにすることで、商品はテナントが仕入れ、またはつくりテナントが販売することから、一般的にはこれは不動産事業であり、百貨店事業ではないので脱百貨店ということのようです。

ここで簡単な疑問が2点ほどあります。
ひとつは他の三井モールや三菱地所のモールとどこが違うのかとか、どう差別化するかが良くわからなくなる。
2つめは順調に行っているときはいいのですが、これは要するに区分所有なために古くなり形を変えるときに調整がうまくいくのかなという疑問です。

いずれにしてもこの施設の成功、不成功は売上に現れます。
このGINZA SIX(ギンザ シックス)の売り上げ目標は年間600億とのことで、近くの三越が初年度売り上げ目標400億であったことから、箱の大きさといいこれからが正念場でしょうか。

これからも定点観測してゆきたいと思います。

by コタロ

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

力の源ホールディングスが上場した!

株式会社CPO設計 店舗担当ぺんぎんさん「一風堂」は豚骨スープに固執する。
「IPPUDO」は世界の都市でメニューを変える。

企業が上場するということは、経営者にとっては名誉であり、それ以上に会社の経営にとっては重要です。
2000年に上場基準が緩和され、従来の店頭登録銘柄がジャスダックやマザーズという新市場に繰り上げられましたから、多くの企業が比較的安易に上場できるような環境になりました。
経営者の気持ちを思うと感動ひとしおでしょう。

企業の上場は、会社が自分のものから、社会の公器になるということです。
ある新興上場企業の経営者がいってましたが、自分の会社が上場するということは「会社が借金するたびに、個人保証をせざるを得ない屈辱感からの解放」だそうです。

僕はラーメンフリークではありません。
日本人としては珍しいらしいです。
でも河原成美氏の名前は知ってます。
30年前のラーメン界の風雲児・河原成美氏が作った力の源ホールディングスが、3月21日に東証マザーズに上場してから1か月が経ちました。

1986年に作った博多駅前の5坪のレストランが、いまや世界65都市に出店し、年商200億円のラーメンチェーンになりました。
一風堂の売り物は、豚骨スープ。
国内ではこのスープでファンを作り上げてきました。

ところが海外店舗では、その土地にあった新メニュー開発をしており、スープも違うんだそうです。
海外の一風堂=IPPUDOは、都市ごとにラーメンのメニューを変えることで、世界の「IPPUDO」ファンを増やしてきたのです。
「IPPUDO」は、いまや「一風堂」ですらないのかもしれません。

ニューヨークが生んだ「クラムチャウダー Ramen」、パリで開発した「茸(きのこ)香るベジ麺」、香港のエビ豚ラーメン、シンガポールの鶏白湯スープなどなど。

本来の一風堂のラーメンは豚骨スープが持ち味だったのですが、それをあっさりと捨てて鶏スープに切り替える潔さも、海外のIPPUDOの魅力なのかもしれません。

銀座店で逆輸入した海外のラーメンを期間限定で日本公開したときは、噂を聞きつけた一風堂ファンで満席だったとか。

一風堂は日本国内でも出店意欲旺盛ですが、よっぽどの好立地好条件じゃないとなかなか出店してくれません!
我が社のある新宿三井ビルにはありませんが、隣の新宿アイランドタワービル地下の飲食街には一風堂があります。
2014年に出店、いつでも満員で列ができるラーメン屋になっています。

ディベロッパーである東京都市開発株式会社様、東急不動産株式会社様、株式会社新都市ライフホールディングス様も強運だったのかもしれません。

こういう運不運まで含めた経済のダイナミズムが直結するところが、テナントミックスの醍醐味だなぁと考える次第です。

by ぺんぎんさん

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

医療系をミックスした生活関連のサービス集積

株式会社CPO設計 クリニック担当アスランさん時折、医療系をミックスした生活関連のサービス集積を誘致したいという相談があります。

土地の場合も、ビルテナントの場合もあります。
いつものようにまずはマーケットを確認します。

比較的一般的な診療科目の推計患者数を確認して、人口と診療科目ごとの患者推計、診療所数などを参考にマーケットの確認をするのです。

医科診療所についてマーケットの概要がわかると、他のサービス業態についてはだいたいの推測ができます。
後は具体化する時からの話になります。

具体化していく中で、プレヒヤリング・プレリーシング、そして本格的にテナントリーシングへと動いていく事になります。

現在の人口動態統計は2010年の国勢調査によって算出されています。
ところが、国勢調査以降にタワーマンションが2棟も建つと、サービス業一般の500mから1㎞の商圏の人口動態は大きく変わります。
大規模なタワーマンションだと500室を超える戸数があり、1000人近くの人口が増えることになるからです。

また、大型オフィスビルも同様です。
フロア面積が1200坪(約4000㎡)のオフィスは一人当たりオフィス面積約4㎡(東京都平均)で考えるとやはり1000人の昼間人口が生まれることになります。飲食を含む関連業態が必要になります。

狭いようで広い首都圏では、あちこちでその様な計画が進んでいることと思います。
その一部は情報として、相談として当社にもたらされています。

新規の開発であっても、リニューアルであってもマーケットを確認しながらテナントミックスを考えていく事は同じです。
しかし、新しいものが好きなのは誰も一緒ですが、すべて壊して新築するばかりの方法ではもったいないと思うのは私だけでは無いようで、リニューアルも多くなるのも必然と思います。

by アスラン

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

コタロ in 上大岡<主のいない街>

今日、現場調査で上大岡のイトーヨーカドーに行きました。
駅からはかなり離れていて徒歩約6~8分の距離にあります。

駅前には京浜急行のウィングや京急百貨店や、ヤマダ電機などなど大いに商業がにぎわっています。

この上大岡は横浜の近郊の住宅を形成して、京浜急行と市営地下鉄とが交差し、流通の拠点として発展し、1970年代からはモータリーゼーションの影響で、イトーヨーカドー上大岡店として1974年に開業。
そのときアメリカのファミリーレストランのデニーズ1号店が同時にオープンしています。

当時は国道沿いの理想的な場所として、まさにファミレス文化の幕開けとして、この上大岡のデニーズは記念すべき第1号店でした。

ところがこの駅から少し離れているロケーションが今日あだとなり、1990年代に始まった駅前開発の波にもまれ、顧客を駅前の商業に取られてしまったのです。

よって43年間続いたイトーヨーカドーが現在では閉鎖しているために、周りにあるイトーヨーカドーに来る人たちを相手にした商業歯科、美容室、学習塾や生活関連の施設のみが残されていて、まさに主のいない街になり、なんとも寂しい限りです。

この状態でテナントミックスやテナントリーシングしても主そのものがいない状態では、さすがにお手上げといわざるを得ない状態です。

消費者の導線が変わり、従来は盛っていた場所が賑わいの無い状態になることは、これからも大いにあり、その結果、主のいない街があちこちにできてしまうのはなんとも寂しいものです。

できれば、その前にテナントミックスやテナントリーシングでその時代に合った商業施設として有効利用できればこの上ないことと思います。

残された生活関連施設がイトーヨーカドーのテナントとして存在していれば多少は延命できたのでは?
とか思いながら上大岡を後にしたのでした。

by コタロ

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

世間は就職のシーズン

株式会社CPO設計 マンション担当ぞうさんお疲れ様です。
久々の登場のぞうさんです。

4月に入ります。

今年は桜も開花が東京以外は遅くてこれからが見頃ですね。
そして世間は就職のシーズンです。

小生も思い起こすこと、うん十年。
新卒として新橋の会社に就職した頃はクレージーキャッツの植木等の無責任時代だった?
かなと記憶をたどりますが、どうも定かではありません。

サラリーマンは気楽な稼業?
あるいはモーレツ社員が多かった?
ただ当時はTVがお茶の間の娯楽の主流だったのは間違いありません。

また、最近田中角栄さんが見直されているようですが、列島改造論で建設業界の隅々まで活況を呈していた記憶がございます。
かく言う私も、当時新卒2年生で長野に飛ばされて上越新幹線のレール架橋の基礎工事現場にポンプ打ち作業に随行してました。

妙高高原のあたりは春でも寒かった!
妙高山は素晴らしい眺めでしたが。

長野は山、また山の連続です。
どこへ行くにも峠越えで、松本と信玄と謙信の争った長野の川中島あたりは平地がちょびっとありますが。

ただ角栄さんのしゃべりは今思えば良かった?
わかりやすかったと思います。
どの層にも、年代にもわかりやすいように例えを使って、身振り手振りも交えて演説してたと記憶します。

子供でもわかりやすいように説明する、丁寧に教えるということは今や大切な技術ではないかと。
学校の先生はそういう人がほしいですね。

私がルートセールに携わるときに研修で教えていただいたこと、今思うと、ほとんど役に立ってないことが多かった気がします。
仕事を教えるトレーナーという技術はまさに評論家でなくて、教え方のうまい人でないとその人特徴を生かせず不完全燃焼で終わります。

ただそうは言っても相性もあるかと思いますが。
トレーナーは誰でも合わせる能力が求められるますね。

そういった面ではテナントミックスはまさに相性を見つける作業、このテナントの良い点をいかに多く見つけてアピールし、そこに繁盛店につなげるデザインや提案を落とし込むことが、次の仕事へとつながります。
そういう打ち合わせや現場は活気があります。

そんな現場には角栄さんの声が聞こえてきそうです『よっしゃ!よっしゃー!』と。

写真は丹沢の鍋割山山頂で鍋割山荘の鍋焼きうどんです。
登山者のために味付けはややしょっぱいみそ味です。
一杯千円で飛ぶように売れてます。

by ぞうさん

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

海老名駅の商業施設

流通のコタロです、今日は今話題の町海老名に行ってきました。

先日の本厚木の隣でまさに一周遅れの大型新人的な街です。
ここは小田急線と相鉄線、少し離れてJR相模線とまさに3線が交差する理想的な駅なのに、今の今までまったく開発されずに放置されていたことに今更ながら驚きます。
何らかの理由があって開発が遅れたのでしょうが。

海老名市は人口12.7万人でそんなに多い感じはしませんが、乗降客数が14.3万人で隣の本厚木とほぼ肩を並べています。
これは3線接続のための乗り換え人口と考えられます。

今から10数年前にビナウオークが開発され駅の片側は大いに栄えましたが反対側は相変わらずの何もない街でした。

最近ららぽーとがJR側にでき、人の流れが変わってきました。
今回の話題はまさに、このララポートまでの巨大な土地の開発についての話題です。

横浜まで新宿までも1時間以内で行け、3線利用可能な駅は開発の将来性は、まさに大型新人クラスと思われます。

このララポートまでの巨大な区画の開発にまたまた商業施設ができ、海老名が小田急
線の新しい顔として登場することは大いに喜ばしいことと思いますが、これが光であ
れば当然影もあるわけで、この影について考えて見ましょう。

まず1番は隣接する本厚木の地盤沈下です。
駅はなれたイトーヨーカドーを筆頭に未だ出現はしていないが、他の流通店舗の撤退は十分予測できます。
この町は乗換えがなく先に主だった町がないために今まで大いに栄えたのだろうと思いますがこれからはそうは行きません。

2番目は、海老名駅をはさんでのビナウォークの地盤沈下です。
JR側のララポートの中は今時のテナントミックスで成り立ち、テナントリーシングの力が強い印象である。
これに対抗して同じような商業施設が出来上がれば、この街の需要は十分満たす施設になると思われます。
よって駅から離れたビナウォークがどうなるかは大いに心配なことと思われます。

そして最後に3番目の心配は新開発のエリアでの魅力が十分に発揮できるのかとの疑
問です。
いまや、消費者の思いはものからことに大量に移り、且つ嗜好が一律ではなく人が10
人いれば10通りの供給が必要な時代で、それに沿わない百貨店や、商業施設はバンバン閉店しているのが現実で、この問題を明快に解決する方法が見つかっていません。

やはり今の時代に合ったテナントリーシングとテナントミックスの手法にかかってい
ると思います。

これまでのどんどん発展、開発行為から、いかにコンパクトに且つ効率よいテナント
ミックスとテナントリーシングの力で既存の商業施設を再生再活性するかが問われる
ことになると思われます。
このような観点からこのエリアは当分注目してゆこうと思います。

by コタロ

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

外国人宿泊客はどこに行った!?

株式会社CPO設計 店舗担当ぺんぎんさん 私、公益社団法人国際観光施設協会の個人会員です。
この協会は世界的な有名ホテルや老舗温泉旅館などの工事を請け負う大手設計事務所やゼネコン、内装会社、家具メーカーなど300社近くが会員になっており、宿泊施設を通じて、日本の観光振興を図ることを目的にしております。

私はインテリア分科会の末端の幹事の一人です。
協会に関しての詳しいことは、ホームページをどうぞ。

その会合の後の飲み会で、話題になっていることを紹介します。
昨年、2,400万人を記録した外国人観光客訪日数は前年比21.8%増。
一方で、観光庁が調べた16年の外国人延べ宿泊者数は8.5%増。

もちろん、これだけ多くのホテルが開業しているわけですから、宿泊数は大幅に増えているのですが、訪日客数が増えた分程、宿泊数は増えてない!
ついに2016年度後半にはマイナス成長になる有様。

さて、彼ら彼女らはどこに消えたのか!?
統計上カウントされない民泊もあるし、ラブホテルなどに逃げ込んでるんじゃないか、巨大クルーズ船から出ないじゃないかという議論もありました。

そんなとき、日本経済新聞の調査で新たなことがわかってきました。
確かにラブホや民泊も増えてますが、それ以上に、なんと、深夜運行の高速バスの乗車客が大幅に増えている。
また、24時間空港のロビー宿泊も大きく増えているんだそうです。
(関西空港ではロビーで宿泊する乗客に毛布を貸し出す「人道毛布」という制度があるそうな・・)

欧米人にしても中国人にしても、日本人に比べると非常に合理的。
高い宿泊払って泊まるより、その間に移動するという志向があるようです。

デジタルカメラの最大のライバルがいまやスマートフォンの時代です。
中小ホテルのライバルが高速バス、空港のロビーですか。。。
(といっても、超高級ホテル旅館はいつもいっぱいですけど)

時々、ホテル用物件のテナントミックスも発生しています。
我々関係者も、このような現状を認識して取り組むべきだと思いました。

by ぺんぎんさん



ハノイ一番の超高級ホテル「ソフィテルレジェンドメトロポール・ハノイ」はいつも満室!

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

小田急本厚木のイトーヨーカドー

こんにちは流通担当のコタロです。
2月19日小田急本厚木のイトーヨーカドーが閉店しました。

この情報は前から知ってはいたのですが、昨日ようやく現地に行きました。
駅前でなにやらパンフレットを配っている女性にイトーヨーカドーはどこに在りますかと聞いてみたところ、ここから少し離れたところにありますとのこと。

実際は徒歩3~4分なのにこの返事は地元のヒト的にはイメージ的に遠い印象なのでしょう。
むしろ駅に隣接する小田急ミロードが圧倒的に近いために、遠い感じがするのでしょうか?
商業店舗にとってのこの遠い印象は確かに圧倒的に不利であると感じました。

当然、ミロードの中にもイトーヨーカドーと同じものを扱っているのでしょう。
だとしたらさらに厳しい。

資料によれば41年間営業してきたらしく、その実績はむしろ大したものですが、隣接駅である海老名の最近の再開発と、自身の建物の老朽化と耐震と再投資の観点から閉店という方法をとったのでしょう。

問題はこれからです。
地下1階地上7階建てのコンクリートの塊は、この本厚木で41年間幹線通りに面して一等地の商業施設であったと思われます。

厚木市は人口約22万人、本厚木駅の乗降客約15.2万人。
これは隣の海老名市の人口約12.7万人、乗降客約14.3万人と比べても表面上は十分負けていません。
ただし時間軸で考えると、これはまさに中央線の八王子と立川の関係によく似ています。

この建物の所有者は厚木市のようですから、これを再生することは、半端なテナントリーシングやテナントミックスでは不可なのでしょう。

まず基本的な周辺業況との調整をし、

1 既存商業との違いを出すこと
2 海老名の開発と違うバッティングしない企画であること
3 将来的、永続的な目的の建物であること

などが要求されます。

テナントミックスやテナントリーシングはたとえば地下、1階以外の上層階7階まで住宅に用途変更しマンションにして、地下は食物販、もしくは飲食。
1階は医療機関や総合サービス業でテナントリーシング、テナントミックスすれば何とかなるかも。

ただし坪当たりの家賃は1万円以下が絶対条件で、建物が償却していれば可能性はあるかも知れません。

とにかく最近の大きな心配は、流通業界が大きな変革の波に飲み込まれて、東京関東のみならず、日本全国がコンクリートの塊の廃墟にならないかと心配しています。

自分たちの地元や近隣の町が廃墟のコンクリートの塊でどんどん魅力ないものなっていくとしたらあまりにもさびしいと思います。

商業施設で、お店で買い物を家族で一緒にすることは、やはり人生のハレのシーンと思い出を作るもの。
こんなあらゆるケースで私たちのテナントミックス、テナントリーシングがお役に立てればこんなにうれしいことはないと思います。

今後の私たちの活動の応援をお願いします。

by コタロ




土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

初めましてコタロです。

さてさて、投稿などはまったく持ってはじめてのコタロです。
何を書いてよいかもわからずに、ただただ散文的に最近の街中で感じたことや、何となく時代がどんどん変わってゆくことに大変興味があるもので、あるがまま、感じるがままに書いてみようと思います。

まずもって私の担当は流通ですので、このあたりからテナントリーシングや新しいテナントミックスの種を探しにビックサイトに行きました。

今月の7日から10日までジャパンショップと建材展が開催中で副祭事のようにしてセキュリティショーが開催されていました。
実はこのセキュリティーショーで流通業界にとっては、驚異的に進化、変化している片鱗が見えました。

多くの大手電子メーカーがこぞって、我先にブースを開き、そこに数多くのビジネスマンが群がっている様子は、建材やデザイン展よりも圧倒的な盛り上がりがありました。

それはレジの無人化です。
現状ではまだまだ道半ばで半無人化のようですが、AIや人工知能の技術、新しい無人システム進化によりレジ周りは大きく様変わりし、レジ打ちの人がいなくなります。

いるのは盗難防止のスタッフと、不具合のためのメンテ要員で非常にすっきりした空間のスーパーや食品売り場になって行くのでしょう。
そこでは良い品をますます安く、または高品質のものをさらにアピールする工夫がなされると思います。

レジの自動化は流通のど真ん中で労働そのものを変えて、余った空間にテナントリーシングした関連ショップが出現するでしょう。

このレジの無人化とテナントリーシング、テナントミックスが関係ないように思えますが、実は大変大きな変化のための相互関係になる気がします。

by コタロ

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

高架下の案件

株式会社CPO設計 クリニック担当アスランさん新しい案件が入ってくるのは、心ときめくものがあります。
知っている街も知らない街も改めてそのポテンシャルを考えて、地域住民が喜ぶ=ビジネスが成立する業種は何かなどを考えて、現地を歩き回るのは楽しい時間です。

昨晩、某電鉄会社の開発部より、高架下の案件について相談が入ってきました。
地域行政と高架下有効活用についての協議をすると、沿線の住民目線で公共性の高い使い方の検討を要望されることが多いようです。

そこで、診療圏調査レポートを作成して、数値としての街を確認しました。
人口はとても多く、私のイメージしている地域の年齢層が意外に若い住民だったのも少し驚きました。

公共性の高い業種でのテナントミックスとなるとクリニックモールを含む地域サービス業態の集積が想定されます。当社が得意とする分野でもあります。

早速、私鉄開発部のご担当者と連絡をとり、打合せをしていただくことになりました。
サービス業態の集積で問題となるのは、賃料です。
保険診療の医療機関で、診療費用は全国一律で高額な賃料を支払える報酬はもらえない事が決まっているからです。

その他の地域サービス業態も概ね賃料に関しては同じレベルと考えられます。
投資額が過大にならず、賃料目線が医療機関にも開設可能なレベルになるのかを確認してプレリーシングをスタートすることになります。

by アスラン

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

赤羽の行列のできる香川うどんのお店

株式会社CPO設計 マンション担当ぞうさん節分を過ぎて、春三番まで吹いたかと思えば、京都の底冷えのようなしばれる日が交互にやって来ます。

先日の北風ビュービューの日にあまりに寒くて、熱いおでんを食べたくて。
赤羽の行列のできる香川うどんのお店に、人づてに予約をお願いして行って来ました。
この日もお店についたときは7,8人の行列状態で、少々申し訳ないのですが、予約席に収まりました。

うどんのお店なのですが、おでんもおいしいと評判なので、まずは5種類の盛り合わせを頼みました。出てきたのは牛筋・大根・こんにゃく・タマゴ・厚揚げ。
特にぎゅうすじがまたうまいのなんのでございました。

続いてじゃこ天と柏あげ三個を注文いたしました。
柏天とは鶏肉の天ぷらでこのお店のうどんにぴったりの食材です。

そのあと、ホタルイカの沖漬けや刺身も美味しくいただきまして。
最後の〆はやはりうどんで。
私は冷たいうどんをつけ汁でいただくパターンをチョイスしました。

山菜の天ぷらも添えてあり、うどんのコシの強さに感激いたしました。
駅から遠い立地にもかかわらず店主のうどん作りに対する情熱で千客万来です。

この繁盛店のように、テナントのリーシングにはそのお店の繁盛をいつも祈念しながら、新装の開店にお立会いさせていただきたいと思っています。

もうすぐ春ですね!

by ぞうさん


土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

本屋オタクからみた理想的な本屋(しょせんオタクですから)

株式会社CPO設計 店舗担当ぺんぎんさん前回紹介した中目黒の蔦屋書店は、行かれた方いますか?ネット文化に反逆した本屋です。

私は安物買いの「蒐集家」といわれます。メガネ、安時計とか世界中のビール(ビール自体はおなかの中で蒐集されております)のコースターやグラスその他、いろいろと集めるオタクですからお許しいただくとして、、、さらに本・活字に囲まれるだけで幸せになれると思ってますから、本屋についても理想があります。さら加えると何でも疑問に思ったことを自分なりに解明しないと前に進めないんです。何でも突き詰めて調べるバカモンです。

活字から活字に移動するだけで新しい世界が見えてくると思うのですが、皆さんはいかがでしょうか? 活字に踊らされて、興味が増えて、いくつもの趣味が増えてきたのは、喜ぶべきか、悲しむべきか!?

本屋という稼業は、長く再販売価格維持制度で守られてきました。戦前戦後のものの無い時代、知識の中核になる図書の販売を維持する、さらに全国どこでも平等に「知識」が買えることが大切だったんだろうなぁと思う次第ですが、戦後70年を経て、社会構造が変化し電子ブックなど、ほとんど「原価の無い図書」も出現して本をめぐる環境も変わりました。

その中で2001年の公正取引委員会の見解が発表されました。当面は、紙の図書の再販制度を維持すると明記されましたが、今後は独占禁止法の支配が及んでくるのだろうという内容でした。

法律で「守られた」、或いは「縛られた」商売は衰退します。理髪業と美容業を見ればよくわかります。理容業法と美容業法の差があるので一概に言えないのかもしれませんが、技術にあまり頼らず料金を平準化した理容業、技術優先競争で価値を上げた美容業。今の隆盛はご覧の通りです。

書店の実店舗でも、特別価格の特価本が並ぶ時があります。ご承知の通り、大手の書籍販売業では、ネット販売に限り、ポイント制度を使った値引きをやっています。
その値引き期限が近づくと思わず、それを理由にして余計な本を買います。たかが数百円のために。。

こんな僕のような奴には、中目黒の蔦屋書店の形は理想です。何時間居ても文句言われない。それどころか、椅子どころか、図書館のような机、無線LANや充電設備もある。さらに、有償ですが飲み物食べ物もあるのだから、立ち読みの理想郷。

レイアウトもいい!迷路のような動線、次のコーナーを曲がると、どんな本が出てくるのかワクワクします。さらに、本自体の配列も、普通の本屋のレベルじゃないです。「ほー、この本の隣に、あれが来たか」と思います。選者と自分と趣味が一緒なら言うことなし!

1時間すごすならば、今の倍くらいの大きさがあればほぼ理想です。今の大きさだと、本を選ぶのに20分、読書して20~25分くらいかな。あと、専門書が少ないので、立ち読みして終わりになるので、あまり買えません。せめて、代官山や二子玉川の大きさの新趣向の本屋作ってください。僕のような本屋オタクは必ず行きます!

by ぺんぎんさん

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

物件の現地調査

株式会社CPO設計 クリニック担当アスランさん歯科開業物件の現地調査に行ってきました。大通りに面したマンションの1階部分です。

一般の不動産物件になります。交通量も多いので視認性が高く、優良な物件というイメージを持ちました。人口動態などを見ても、若年層の夫婦や子供もそれなりにいる地域です。

今日は物件のサイズや上下水道、電灯電気容量などを確認しました。
歯科に必要な機械室の外部置場とエアコンの室外機などの設置場所も確認して、設備的にも問題ないことを確認しました。
ここからユニット台数やレントゲン室など必要な設備や数量を先生に確認して平面プランを作成していきます。

次に現地調査を予定しているのはスーパーマーケット内の物件です。
こちらはテナントミックス的な要素のある歯科の開業になります。

スーパーの物件は、このところの大きな流れ通り以前は洋品店でした。
まさにモノからコトです。
よって、水回りの設備はなくスーパーマーケット側で設備していただけるようです。商業系物件の場合、商圏についてはスーパーマーケット商圏数値や売上やレジ通過の客数などの基礎データがあり、そこから一定の分析が可能です。

物件ごとにいろいろな条件が変わりますが、どんな物件であろうがお手伝いしたクリニックには成功してもらいたいと思います。

by アスラン

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

御前崎と久能山東照宮

株式会社CPO設計 マンション担当ぞうさん昨年の年末休暇に物件の下見をかねて、静岡へ出かけてきました。
静岡といえば井伊直虎で人気上昇中の土地柄です。
その時は浜松の井伊谷まではいけませんでしたが、気になりました。
ちょっとネットで調べてみました

井伊 直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷の女性領主。
井伊直盛の娘。
ただし良質な一次資料には次郎法師が「直虎」と名乗った記録はない。

同国の国衆・井伊氏の事実上の当主を務めて、徳政令などを行い、「女地頭」と呼ばれた。
井伊直親と婚約したといわれるが、生涯未婚であった。
徳川四天王・井伊直政(虎松)の養母と伝わる。

というような講釈が書いてありました。
ドラマチックですねぇ~。

わたしは久能山の徳川家康のゆかりの東照宮へ表参道から階段で参拝です。
よる年波には勝てず、途中地元の中学生たちに次から次へと抜かれました。
朝早くですから、何しに来たのかと思えば宮司のお手伝いで掃除と巫女のお役に立つために、来たようです。偉いですね。

そのあと森進一の港町ブルースで有名な御前崎に寄り、灯台からの雄大な眺めに満足!満足でした。

帰りは由井から海越しの富士山も見れたので、正月からのテナントリーシングに弾みがつきます。
今年も弊社の大河ドラマのようなドラマチックな店舗作りに乞うご期待ください。

by ぞうさん

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

本屋って、、、どうよ。。(「本屋好き」のクリゴト)

株式会社CPO設計 店舗担当ぺんぎんさん それぞれの会社の評判じゃないですよ。「本屋」という業種の評判の話ですが。。
大手のショッピングセンターで、余りいい話をきけません。

ショッピングセンターが全面リニューアルすれば、売場面積も減っていく。。文房具
併設は当たり前。。。さらに在庫負担は大きいし、利益率も低いんですから、、、。でもねぇ。

私は本が好きです。他に読むものがなければ、文字が書いてあれば大抵のものは読みます。活字中毒かもしれません。そして本屋好きです。

でも、書店というのは、巨大店舗をもってしても、ITネットワークのデータには敵いませんから、今やもっとも小売りには不向きな業種なのかもしれないですね。

私が住んでいる川口駅前に10数年前は、巨大書店・書泉グランデが在りました。開店したときには地場の中型書店を壊滅させたのに、10年持たずに閉店しました。今や大型書店グループどころか、書泉グループ自体がアニメイトの傘下に入っている有様です。

本屋の楽しみは、目的もなく、無駄な知識を集めるところだと思っています。今までは興味もなかった分野の知識に一目惚れ、そういう知識の集合体と出会えると、一気にのめり込みます。

大型書店には、そういう楽しみ、わくわく感があります。休日に大型書店に行くと、2時間近く立ち読みしている人間ですから。(この頃は椅子を完備している本屋が増えたので、3時間以上いけます)

書店も努力していて、店内各所に椅子を配備したり、中には、カフェ併設して、買う前の本をじっくりと読ませてくれる店まであります。

中目黒駅前にできた蔦屋書店は、まさに新しい試みのオンパレードです。本屋の中のカフェで料理出したり、クラフトビールまで提供しています。これ以上のことは秘密です。行ってみてください! そして本を買ってきてください。 さあ、本を読もう???

by ぺんぎんさん

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

店舗・事務所物件『東京メトロ東西線 南行徳駅徒歩3分 らすーる行徳2階』

店舗・事務所物件『東京メトロ東西線 南行徳駅徒歩3分 らすーる行徳2階』をご紹介します。

賃 料 : 850,000円
共益費 : 50,000円
敷 金 : 相談(償却あり10%)
所 在 : 千葉県市川市南行徳1-19-5
交 通 : 東京メトロ東西線 南行徳駅徒歩3分
竣 工 : 平成7年3月
面 積 : 100.61坪 / 332.60平米



物件について詳細はこちら 

この物件の資料請求・内覧申込みについてはこちらからお問い合わせください。

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

価値観の変化

時代とともにいろいろな価値観も変わりました。

しばらく前に三越伊勢丹HDが事業を見直す店舗を発表しています。
私がこどもの頃、デパートはすべてが揃った夢の館でした。
洋服には興味のなかった男の子にとってデパートのファミリーレストランのお子様ランチ、おもちゃ売り場、屋上の遊園地は絶対的な価値をもっていました。
今は屋上遊園地のあるデパートは少なくなりました。

そう言われれば我が家でもデパートで買い物をするのはデパ地下ぐらいになっています。
その代わりに楽天やアマゾンなどのネットショッピングをしている現在です。

衣服も同様の傾向にあることでしょう。
先日、高齢の母親にユニクロに行きたいといわれたのですが、夜の9時近くで調べると近隣のユニクロは営業時間が長くて9時までで間に合わない事がわかりました。
そのままネットでユニクロの通販サイトで必要なモノを注文して店舗に行く必要はなくなりました。
日本中のどこでも同様でしょう。
洋服を中心に物販の売り場が減少していく中でテナントミックスの方向性もサービスなどの別業種にいく必然性が出てきています。

閉店や整理を検討しているデパートの場所を見るといろいろですが、地方の県庁所在地と首都圏のベッドタウンの2種類に分けることができます。
単純に人口の減少だけではないニーズの変化を感じます。
by アスラン

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

世界遺産 三保の松原からの富士山

新年あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

今年は何回目かの酉年です。
何回目かは忘れてますけど。。

月日は百代の過客にてですね。
おかげさまでテナントリーシングの少しづつ慣れて参りました。

この冬休みに東海道を下りまして、あ、上方というからには東海道を上がるというのでしょうか。。

世界遺産の話題となりました三保の松原からの「海越しの富士山」を見てきました。

想像していた以上に富士山が大きく見えてビックラでした。
静岡県側から見る富士山も素晴らしいですね。

日の出前からたくさんのお客様が砂浜に来ておりました。
今年は暖冬なので、富士山の雪がかぶってないと物足りませんでしたが今はタップリと白が鮮やかです。

2月に入ると河津さくらがいつ咲くのか気なるところです。
日本人は富士山好き、桜好きです。

それに向かっての寒さは不思議と我慢できます。
その前に梅がありましたね。

しばらく楽しみが続きます。
仕事にも力を入れていきます。

byぞうさん

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

東南アジアの街の状況

遅くはなりましたが、明けましておめでとうございます。
テナントミックスレポートも2年目に入りました。
今後ともよろしくお願いします。

年末年始はベトナムの首都、ハノイに行っておりました。
本来の歴史好き、さらに建築史が大好きで、フランス建築文化の色濃いこの街が大好きです。
汎フランス建築を堪能してきました。

ご承知の通り、ベトナム戦争以降、この国は共産国家になっております。
しかし、ドイモイ政策といって、自由主義国家のいいところ?を取り入れている国です。
ハノイの市域もどんどん拡張しています。

国民の平均年齢は30歳(日本は46.5歳)という若い国家です。
人口も1億人を超えており、50年後には2億人に達するそうです。
(日本は10年後から減少して、50年後には6000万円という予測もあります)

街中に活気があふれていて、悪く言えば落ち着かない雰囲気で、20世紀前半の由緒ある歴史的建築物が浮いているほどです。

交通法規がどうなっているのかわかりませんが、街中では、バイクの3人乗り4人乗り当たり前で、交差点の信号機なんぞ無視して、クラクション鳴らし捲ってバンバン通過していきます。

インドの人口も、遂に中国を超えたと言われています。
これが東南アジアの現状です。

100年後にアジアが落ち着けば、次はアフリカの出番でしょう。老大国・日本の行く末はどうなんるんでしょうか!

したがって、我々のテナントミックスの主たる戦場も日本からアジアそして世界に広がっていく、、という初夢を、ハノイの高級ホテルのベッドの上で見ました。(笑)

by ペンギンさん

125ccのスクーターに親子4人乗っけて行くのが当たり前のベトナムスタイル

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

街の盛衰

街の盛衰は時代とともに変化していきます。
シーピーオー設計本社のあるのは大都会新宿ですが、その大都会もそれなりに古くなってきた感があります。

個々のビルは建替えもされているのですが、街全体の印象は昭和的な場所を多く残しています。
それでも地下街のサブナードはいまだに賑わっています。

西口ロータリーを囲むビル群も数棟は建替えになるようで、先日打合せなどでよく使っていた喫茶店が閉店しました。
西口のビルは地下ロータリーとそれに続く歩道に接続しているため、新宿駅西口は大きく変化するようです。

最近数回所用で行った大手町、丸の内も八重洲もこの数年で随分と変わりました。
それだけ頻繁にいく事が無かったからそう感じるのかもしれません。

丸の内は中通りが変わったのは知っていましたが、大手町では新しいビルができるたびにその地下街がまわりと接続して地下道代わりになっています。
八重洲も地下街は多少昭和の雰囲気を残しつつありますが、地上にロータリーが新設されてスッキリとしました。

日本橋方面にも新しいビルがいくつか立ち上がっています。
大手のデベロッパーが大きな物件にテナントミックスで商業部分を構成しているのですが、どこも同じように見えてしまいます。

そんな建替えの中、八重洲・日本橋界隈には小道を入れば昔ながらの店も多く残っていて、少し安心してしまうのは年齢のせいかもしれません。

カレンダーをもって挨拶回りをする勤め人をあまり見かけなくなった今日この頃、街だけでなく習慣も変化していることに気づきます。

by アスラン

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

店舗事務所の新規内装工事完了

wa先日、移転のため不動産会社様から受注いただきました店舗事務所の新規内装工事が完了いたしましてお引き渡しをさせていただきました。

弊社のデザイナーによる設計でコンセプトは明るくてふらりと入ってみたくなるエントランスを主題にし女性のお客様にも安心して落ち着いた相談ができるスペース作りと、そこで働く社員の方々にも満足していただける事務所作りを目指しました。

ご来店いただくお客様を第一として、デリケートな不動産に関わるご相談がゆったりとした環境のなかでお話しできます。
合わせてそこで毎日働く社員の方にもご満足いただけるオフイス作りを第二として設備スペースの工夫を意識しました。

オフイス設備も毎年進化しています。
新しいお店で気持ちよく接客していただいてバリバリお仕事が進むように、あらたな事務所つくりのお手伝いをさせていただくことにやりがいを感じます。

そしてこの新しいお店がこの地域での一番店になられることも期待しております。
今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。

20161221

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

百貨店の1つの試み ― 年間1億円売り上げるスーパー店員の“神” 接客

yana前回の続きです。物販店舗の売り手の人材不足の話です。

12月7日のNHK総合の探検バクモンという番組で、伊勢丹本店の1つの試みが紹介されていました。放送を見られた方も多いのではないでしょうか。

近年、ネット通販などに押され、百貨店・小売店の売上が低迷しています。伊勢丹といえども、相模原店、府中店の閉鎖を取りざたされる有様です。

今回紹介されたサービスは、いわば本物のショッピング・コンシェルジュです。
接客に秀でた、商品知識にあふれた店員を集めて、お客様に接すれば、一人年間1億円の売り上げを獲得できるそうです。

心理学者を同席させて「なぜこの店のシステムなら売れるのか。」を考察し、そのキーワードは、「他にない体験」だと結論付けておりました。

お客様が気持ちよく買い物できる環境を作り上げる接客法を見せてくれました。それは、単純に「よいしょして」高い商品を売りつけるのではなく、お客様の予算や買い物の目的をよく理解し、お客様が本当に欲しがっている品物を選び、納得して買っていただくという姿勢。
いい思いして購入した体験。
ネットで購入する客は、自分に似合うスタイルや色の固定概念を持っている。
それを接客中に覆す接客、お客様が徐々に興奮していくのがよくわかりました。
納得しました。こういう接客できれば、客は買いに来ますよね。

ただし、天下の伊勢丹だから、あそこまでできたという思いもありました。
一人のお客様に密着した販売手法は、普通のショッピングセンターや百貨店で実現できるのか、だからこそ、ぜひとも、実現してほしいと思いました。

これが実現すれば、SCの不況が克服できるのですが・・・
そうすれば、我々のテナントミックスの苦労も報われるかも!

by ぺんぎんさん

20161214

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ