私が好きな豪徳寺周辺

第二回は私が好きな世田谷の中でも特に好きな「豪徳寺周辺」を取り上げます。

まずは、久しぶりに豪徳寺を訪れてみました。今年の正月以来です。

豪徳寺は、彦根藩主の井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪雨に遭い、門前の猫の(顔を撫でるしぐさ)に誘われ、その猫に近寄っていったことによって、運よく落雷を逃れ、命拾いをしたことが縁で井伊家の菩提寺となったといわれているそうです。
何ともしゃれた由来ですよね。

広大な敷地や三重塔、本殿、歴史を感じさせる樹木等自然と神聖な気持ちになってしまいます。
また、境内の奥に奉納されている招き猫群を見るのも豪徳寺の楽しみ(!?)でしょうか。

豪徳寺の永い歴史を改めて感じつつ、お寺の後は、商店街をブラブラしてみました。

久しぶりに訪れてみましたが、以前と変わらず、旬菜魚いなだの海鮮丼は刺身が飛び出るほど盛ってるし、東肥軒の和菓子は美味しいし、ペンギンペストリーのロールケーキは絶品だし、焼き芋ふじの紫色の焼き芋は目立っていました。

以前と変わってないなぁ、と思いながら歩いているとアジア料理のお店や焼き鳥屋さん等、新しいお店が出店していました。

少しづつ少しづつ変わりながら来訪者をホッとさせる商店街の魅力は健在です。

「店づくり」をビジネスとして手掛けている当社は、こういった商店街等とも関わり合いながら、地域の人々にずっと愛されるお店を創っていきたいなぁ、と感じました。

by  コアラ

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の医科歯科物件情報についてはこちらから
カテゴリー: 未分類   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です