インバウンド

株式会社CPO設計 クリニック担当アスランさん外国から日本に観光に訪れる人が増えているとニュースが知らせています。
ニュースを見なくても、東京や出張先の大阪で見かける外国人の量は10年前と比べると格段に増えていると実感できます。

それが原因か、大阪や福岡出張の際にホテルを予約することが難しくなっています。
発表されているデータでは、2012年まで1千万人以内だった旅行者が2013年にはそれを超え、2015年で1970万人と2000万人に近づき、2020年には4000万人に達すると予想されています。

たくさんの外国人に実際の日本を見知ってもらうことはとても良いことだと思います。
外交という政治の世界とは関係なく、SNSなどのインターネットの世界にも情報が拡散して真実の姿が知られ、良いところ・不思議なところなどの外国人の感覚や考え方を知る良い機会にもなります。

最近、東京の空の玄関口である羽田空港周辺に広がる広大な土地の有効活用の方向性が決まってきており、計画が徐々に耳に入るようになりました。

羽田空港の旅客数が1日当たり成田空港の倍になっています。
やはり空の玄関口は目的地とのアクセスが重要だと思います。

土地の広さは全体で数万坪はあるでしょう。
電車も京浜急行だけでなく、JR東日本や東急線の乗り入れも噂されています。
また、運河を挟んで川崎市側に新しい橋ができて首都高速1号線まで戻らなくても、神奈川県にアクセスすることができる計画も伝わっています。

広大な敷地に日本らしい「おもてなしの大型施設」が計画され、そこにはホテルやバスターミナル、イベントホール・会議場などができることでしょう。

もしかしたら日本文化で象徴的な温泉がくるかもしれません。
飲食やサービスの業態も必要になってきます。

本拠地東京の空の玄関口の大型プロジェクトに少しでもかかわれるように情報をとっていきたいと思います。

byアスラン

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の医科歯科物件情報についてはこちらから
カテゴリー: 未分類   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です