初めまして。

 初投稿のコアラです。

第一回は、私が、かれこれ23年住んでいる小田急線「百合ヶ丘」が題材です。
「百合ヶ丘」という地名は、当時この地には「山百合」が多く茂っていたから、といわれています。

小田急線の「百合ヶ丘」の駅は、昭和35年3月に開業。
この地域周辺は田畑が続く丘陵地でしたが、急速に宅地造成され、住都公団の百合丘第一団地の入居開始に伴い急増する人口に対し、交通の便を確保するための駅でした。

今では、一つ先の「新百合ヶ丘」駅が大発展し川崎市北部の中心となっている傍ら、この「百合ヶ丘」駅は、こじんまりとした落ち着いた街になっています。

過去はニュータウンという位置づけの百合ヶ丘も、時代の流れとともに、これからは変わっていかざるを得ないでしょう。

それでも、駅前の「ゆりストア」や少し坂の上にある「スーパー三和」等は昔と同じようにお客が多く、キッチン「葉っぱのみどり」の洋食は美味しいし、隠れた名店「山崎」のうなぎは絶品です。

また、飲食店や物販店等は、少しずつ店が入れ替わったりもしています。
新しくできた飲食店が賑わったりもしています。

私たちCPO設計のビジネスは、こういった飲食店や物販店、量販店が入れ替わる時の内装工事の設計・施工を手掛けています。
魅力ある店舗に上手く入れ替わり、新たな人々の動きが出てきて賑わうことは、大げさに言えば「街の再生」に、直接つながることだと思います。

日々の仕事を通して、「街の再生」や「豊かな暮らし」につなげていきたいと考えています。

by  コアラ

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の医科歯科物件情報についてはこちらから
カテゴリー: 未分類   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です