物件の現地調査

株式会社CPO設計 クリニック担当アスランさん歯科開業物件の現地調査に行ってきました。大通りに面したマンションの1階部分です。

一般の不動産物件になります。交通量も多いので視認性が高く、優良な物件というイメージを持ちました。人口動態などを見ても、若年層の夫婦や子供もそれなりにいる地域です。

今日は物件のサイズや上下水道、電灯電気容量などを確認しました。
歯科に必要な機械室の外部置場とエアコンの室外機などの設置場所も確認して、設備的にも問題ないことを確認しました。
ここからユニット台数やレントゲン室など必要な設備や数量を先生に確認して平面プランを作成していきます。

次に現地調査を予定しているのはスーパーマーケット内の物件です。
こちらはテナントミックス的な要素のある歯科の開業になります。

スーパーの物件は、このところの大きな流れ通り以前は洋品店でした。
まさにモノからコトです。
よって、水回りの設備はなくスーパーマーケット側で設備していただけるようです。商業系物件の場合、商圏についてはスーパーマーケット商圏数値や売上やレジ通過の客数などの基礎データがあり、そこから一定の分析が可能です。

物件ごとにいろいろな条件が変わりますが、どんな物件であろうがお手伝いしたクリニックには成功してもらいたいと思います。

by アスラン

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから
らすーる行徳に関してはこちらから

 

カテゴリー: 未分類   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です