横浜栄区に現地調査

inaテナントミックスとは通常SCテナントの最適な組合せを構成すること。

また、開発計画で定められたコンセプトに基づき、物販・飲食・サービスなどの基本的なゾーニングを行う、適合するテナントを配置する事などの意味があります。

その際に実際にテナントを誘致するリーシングと言っています。
常に大きなSCのテナントリーシング業務をしているわけではなく、空き区画や新規スーパーマーケットなどの商業施設全般で、いろいろな状況の仕事が発生してきます。

今日は台風一過のフェーン現象の中、横浜栄区に現地調査に行ってきました。
久しぶりの晴天ですが、10月なのに?と思うほど気温は高く汗ばむ陽気です。

それでも湿度が低いようで、風はさわやかです。
具体的な業務は既存店舗のスペースを有効活用し、テナントスペースにするというものです。

現在のイートインスペースに私が担当している分野の歯科医院を入れようということで、すでに開業されたい先生は集まっており、設備も含めてどの様な工事が必要になるのかなどの検討を現地でしてきました。

図面や写真だけでは確認できないことも多く、現地で打合せをすることは本当に有益です。
同じ店舗の別区画で大手フライドチキンも改装中でした。

20161011

土地・建物の有効利用をお考えの方、C.P.O設計では物件を募集しています。株式会社CPO設計
株式会社C.P.O設計のテナントミックス

最新の物件情報についてはこちらから

 

カテゴリー: 未分類   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です